愛知県の規制や建築制限

愛知県で輸入住宅を建てるための土地を探すときは、規制や建築制限についてよくチェックしましょう。土地によっては、規制や制限があるせいで、自由に建築が行えないケースがあるからです。こちらでは、愛知県でも適用される規制や建築制限について解説しています。

輸入住宅を建てる前に!知っておきたい規制や建築制限

用途地域とは

建築物には、戸建てやマンションといった住宅のほかにも、商業施設や工場などさまざまなものがあります。これらが混在することで発生するトラブルを防ぐために、地域ごとで規制が設けられています。用途地域の種類は、大きく分けると「住宅系」「商業系」「工業系」の3種です。

住宅系

リストの一番上にある「第一種低層住居専用地域」は、住環境を守ることを最優先としています。戸建て住宅のほかに小規模な賃貸住宅、店や事務所を兼ねている住宅を建てることが可能です。許可されている業種は、日常生活に関わるものに限られています。

このような条件が、種類ごとに設けられていて、建てられる建物の高さや店舗の大きさ、許可されている業種などが変わってきます。住宅系の地域であっても、種類によっては、工場や商業施設の建設が認められています。

商業系

「近隣商業地域」は、日常の買い物をするときに利用するスーパーや店舗が多いエリアです。商業施設に関しての規制は、一部の風俗店以外にはほとんど設けられていません。学校や病院、運動施設の建設も認められています。

「商業地域」は、都心部などの地域の中心地が指定されています。基本的にはすべてに近い範囲での商業施設の建設が可能です。危険物を取り扱っている工場などには規制が設けられています。この地域には、中~高層ビルやマンションが多く建設されていて、地価は高めです。

工業系

種類によって、工業の利便性の優先度が違ってきます。コンビナートや工業団地がある地域が指定されている「工業専用地域」は、用途地域のなかで唯一住宅の建設が認められていません。住宅のほかには、学校・病院などの公共施設、運動施設なども禁止となっています。

市街化区域と市街化調整区域

土地を探すときには、価格のほかに「市街化調整区域」についても確認しましょう。安さだけを理由に手を出すと、思わぬデメリットに頭を悩ますことになりかねません。

市街化区域

市街化を活性化している区域です。住宅や商業施設などがあって市街化されているエリアのほかに、10年以内の市街化を進めているエリアも該当します。市街化区域の場合は、基本的には許可なく住宅などを建設することが可能です。

市街化調整区域

市街化を調整している区域です。必要以上に市街地が増えてしまうことを防ぐために、制限が設けられています。それによって、計画的な市街地づくりを実現する役割を果たしています。市街化を目的としていない区域なので、基本的には住宅などの建設は認められていません。ただし、いくつかの条件を満たすことで、区域内に家を建てることは不可能ではありません。

土地は安いことが多いのですが、市街化の予定がないエリアなので、インフラ整備が遅れたり助成金の対象外となったりする可能性があります。

防火地域と準防火地域

市街地で火災を防ぐことを目的として、「防火地域」と「準防火地域」の2つの区域指定があります。住宅を建てる時には、以下の条件を満たす必要があります。

耐火建築物は、鉄筋コンクリートや耐火被膜した鉄骨造などによって耐火構造になっている建物、準耐火建築物は耐火被膜をした木造住宅などです。どちらにも、窓の開口部には、防火仕様にすることが求められています。

防火地域

準防火地域

高度地区

都市計画法に基づいて設けられている用途地域指定。それに加えて、自治体が独自で高さ制限を設けている地区が「高度地区」です。地域の景観にあっていない高層建築物を制限することで、うつくしい街並みを維持することを目的としています。

愛知県で一例を挙げると、名古屋市のほぼ全てのエリアには「高度地区」が設定されています。地域によって、「10m以下の建物のみが建設可能」などの制限が、各自治体によって設けられています。

フロンヴィルホームズ名古屋の輸入住宅の施工事例
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋公式HP
https://fhn.co.jp/case/天白区 s邸/
愛知で建てる憧れの家
輸入住宅の施工事例集

こだわりの詰まった自分のイメージ通りの輸入住宅を建てるためには、自分好みの家づくりをしている住宅メーカー選びが大切。施工事例を見て入念にチェックしてください。

憧れの輸入住宅が
見つかる!
愛知の施工事例
セレクション