愛知で建てる輸入住宅の施工事例集 » 【部屋別】施工事例

部屋別・輸入住宅の施工事例

輸入住宅を探すなら施工事例をチェック

輸入住宅に興味を持ったときは、まずは施工事例の確認から始めましょう。施工事例を見ることで、自分が持っている理想の住まいのイメージがより具体的になっていきます。ここでは、輸入住宅の施工事例を見るときのポイントについて細かく紹介していきます。

輸入住宅の施工事例を見てわかること

デザインの好み

輸入住宅のデザインは実にさまざまです。欧米デザインが主流となっていて、大きく分けると北米スタイルと北欧スタイルの2つがあります。ほかにもイギリスやフランス、イタリアなどの国の特徴を持つデザインの住宅が数多く存在しています。

施工事例では、欧米デザインが採用されている輸入住宅を数多くチェックできます。施工事例を見るときは、自分がどのデザインにグッとくるかを知るためにも、その住宅が持つテイストを意識してみましょう。

施主のこだわり

一般的な日本住宅にはない個性や特徴を求めて、輸入住宅を選ぶ人は少なくありません。そのこともあって、輸入住宅の施工事例には、施主のこだわりが記載されているケースがほとんどです。施工事例では、施主がどの点に力を注いだかを知ることができます。

「バイクが好きなので、バイクガレージのあるアメリカンスタイルにしたい」「お城のようなロマンティックな雰囲気の家に住みたい」などの施主の想いが反映されている施工事例。それらは、自分好みの輸入住宅を探すときの大きな参考となるはずです。

生活のしやすさ

住宅選びで重要なのは、デザインだけではありません。長年快適に住み続けるためには、生活しやすい動線を意識することが不可欠です。

施工事例では、外観や玄関、キッチン、リビングなどの写真が何枚も掲載されています。それらの写真を利用することで、どのような生活動線を想定して建てられたかをある程度はイメージすることができます。フィーリングのあう施工事例を見つけたときは、デザインだけでなく動線もチェックしてみるとよいでしょう。

施工事例を見るポイント

予算

輸入住宅を探すときは、予算を忘れずに意識しましょう。お気に入りのデザインや間取りの住まいを見つけたとしても、費用が予算よりも大きくオーバーしている場合は選択肢から外すしかありません。

施工事例を見るときは、予算の範囲内にあるものをチェックすることで、輸入住宅を建てるときの具体的なイメージがしやすくなります。

住宅メーカーの公式ページには、数多くの施工事例が掲載されています。そこには、基本的には坪単価や坪面積などの情報も掲載されているはずです。印象のよい輸入住宅を見つけたら、費用もあわせて確認しましょう。

生活動線

住宅の設計で、欠かせないのが生活動線です。リビングやキッチン、浴室、ベランダなどを行き来するときの道筋である生活動線。シンプルで複雑になっていないものが、良い生活動線とされています。

生活動線は、家族ごとにライフスタイルが違うので、最適な形がそれぞれ異なります。気になる施工事例を見つけたときは、自分たちの生活にも生活動線が上手く当てはまるかをイメージしてみるとよいでしょう。

日本住宅との違い

輸入住宅は、海外の思想設計が反映されている住宅です。そのため、日本住宅とは大きく違いが出る部分も出てきます。

たとえば、日差しを取り入れる大きな窓は、日本住宅では当たり前のように南向きに設けられることが多いです。その点、輸入住宅は、スタイルによっては日本のように南向きに強いこだわりがありません。なので、「景色をよく見るため」という理由で南向き以外に窓を設計することもあります。

施工事例で輸入住宅を見るときは、日本との設計思想の違いを意識してみると、面白い発見があるかもしれません。

施工箇所で見る!輸入住宅の施工事例

外観

輸入住宅が持つ大きな魅力のひとつと言えば、外観のデザインです。一般的な日本住宅とは、ひと味違う雰囲気を演出できます。

主流なのは、北欧スタイルと北米スタイルの2つで、それ以外にも色々なスタイルがあります。「北欧風」「アーリー・アメリカン」「英国風」「フレンチ」「ハワイアン」など数多くある施工事例の中から、自分好みのスタイルを見つけてみましょう。

外観の施工事例を
詳しい情報を見る

リビング

家族が集合する場所であるリビング。家族がリラックスして過ごすために、リビングにはくつろぎやすさが求められます。

輸入住宅では、床、壁、扉などに木材を多用。それらが用いられているリビングからは、あたたかい木の温もりが強く感じられます。スタイルによって、さまざまな種類の木材が扱われています。

リビングの施工事例を
詳しい情報を見る

キッチン

輸入住宅の施工事例では、おしゃれなキッチンが備わっているケースが少なくありません。アメリカやヨーロッパのテイストを上手く取り入れることで、ほかではなかなか見かけないような個性的なキッチンを目指すことも可能です。

キッチンには、「北米」「アメリカンカントリー」「北欧」「南欧」など色々なテイストがあります。

キッチンの施工事例を
詳しい情報を見る

ベッドルーム

ベッドルームに求められる条件のひとつと言えば、広々としたスペース。輸入住宅は、日本住宅よりも長めに基準寸法が採用されていることが多いです。その影響で、ベッドルームが広めの間取りとなっている輸入住宅も珍しくありません。

また、ベッドや寝室のクロス、窓などは、デザイン性の高いものを選ぶことによって、空間の雰囲気をアレンジすることもできます。

ベッドルームの施工事例を
詳しい情報を見る

バスルーム

輸入住宅の施工事例を見るときに、バスルームチェックすることは2つ。

1つ目が生活動線。それぞれがどの位置に配置されているかをわかる範囲で確認するようにしましょう。そして2つ目がデザイン。それらの箇所の壁や床、扉には、住宅の持つテイストがそのまま反映されているケースが多いです。

バスルームの施工事例を
詳しい情報を見る

キッズルーム

輸入住宅のキッズルームは、子どもの可愛さが引き立ちながらも、おしゃれな雰囲気を併せ持っていることが珍しくありません。輸入住宅にはさまざまなスタイルがあり、キッズルームもその影響を受けています。たくさんの施工事例をチェックして、理想のキッズルームを見つけましょう。

キッズルームの施工事例を
詳しい情報を見る

フロンヴィルホームズ名古屋の輸入住宅の施工事例
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋公式HP
https://fhn.co.jp/case/天白区 s邸/
愛知で建てる憧れの家
輸入住宅の施工事例集

こだわりの詰まった自分のイメージ通りの輸入住宅を建てるためには、自分好みの家づくりをしている住宅メーカー選びが大切。施工事例を見て入念にチェックしてください。

憧れの輸入住宅が
見つかる!
愛知の施工事例
セレクション