バスルーム

輸入住宅でおしゃれなバスルームをつくるポイント

お風呂の工法の特徴を知っておく

お風呂の工法の種類は、現場で組み立てるタイプの「ユニットバス」、浴槽より上の壁や天井を現場で施工する「ハーフユニット」、すべてが現場施工の「在来浴室」の3つ。

こだわりを追求するときには、自由度が高い「在来浴室」が選択されることが多いです。予算に応じて、「ハーフユニット」にするのもひとつの手。

浴槽の素材を確認

浴室の素材には、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)、ホーロー、人工大理石などさまざま。それぞれに特徴があり、選ぶ素材によって値段が変わってきます。素材のメリット・デメリットをあらかじめ調べておきましょう。

手入れのしやすさを考える

海外には、「ネコ脚」と呼ばれているスタンディングタイプのおしゃれなデザインの浴槽もあります。しかし、一般的なタイプと比べると、浴槽や下部の床の掃除の手間が多いです。また、浴槽や壁の素材によっては、定期的なメンテナンスが必要なことも。見た目だけでなく長年使うことも考えて、バスルームを選びましょう。

バスルームのデザインでみる輸入住宅の施工事例

スカイライトから差し込む太陽光

エドモントン輸入住宅_バスルーム施工
引用元:エドモントン輸入住宅公式HP
http://edmonton.co.jp/eblog/2019-06-28.html

一般的なバスルームと異なるのは、上部に「スカイライト」と呼ばれる大きな窓が設置されている点です。浴槽に入りながら、日光や夜空を堪能することができます。全体的にアンティーク感漂う仕上がりです。

開放感あふれるモダンテイストなバスルーム

万彩_施工事例01
引用元:万彩公式HP
https://mansai-e.net/works_033.html

浴槽を囲むように敷き詰められた落ち着きあるブルーのタイルは、スタイリッシュでさわやかなバスルームを演出してくれます。窓からは庭の自然を感じることができる空間が広がっており、ジャグジーでゆったり過ごせます。

可愛らしい雰囲気が漂うたまご型のバスタブ

セルコホーム_バスルーム施工
引用元:セルコホームスタッフブログ
http://blog.livedoor.jp/selcohomekasuga2/archives/1296282.html

欧米のバスルームに多く採用されている丸型のバスタプ。丸みのあるたまご型のバスタブは、どことなく可愛らしくておしゃれな雰囲気を感じ。2か所ある窓や独特な形をした立体的な天井が、バスルームに個性を演出しています。

シンプルで高級感を感じさせるデザイン

フロンヴィルホームズ名古屋株式会社_バスルーム施工02
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋株式会社公式HP
https://fhn.co.jp/case/長久手市 s邸/

北欧インテリアをテーマに建てられた住まいの中にあるバスルーム。リゾートホテルのバスルームのような清潔感のある白のバスタブと温もりのある木を使った板張り仕様。スタイリッシュで高級感のある空間をつくっていきます。

フロンヴィルホームズ名古屋の輸入住宅の施工事例
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋公式HP
https://fhn.co.jp/case/天白区 s邸/
愛知で建てる憧れの家
輸入住宅の施工事例集

こだわりの詰まった自分のイメージ通りの輸入住宅を建てるためには、自分好みの家づくりをしている住宅メーカー選びが大切。施工事例を見て入念にチェックしてください。

憧れの輸入住宅が
見つかる!
愛知の施工事例
セレクション