輸入住宅の建材

輸入住宅では、使用する建材はおもにスウェーデン・フィンランドなどの北欧や、アメリカ・カナダなどの北米から輸入されます。その代表的な種類と特徴を紹介します。

輸入住宅で使われる建材の種類と特徴

オーク材

おもに、北米東部で採取される広葉樹で、レッドオークホワイトオークがあります。レッドオークよりもホワイトオークの方が硬く、人気が高いのですが、価格も高くなります。フローリング、室内ドア、階段、モールディング、キッチンキャビネットなどに使用されます。

メープル材

重くて硬く、衝撃や摩擦に強いと言われています。明るい乳白色で木目は穏やか。年を経るごとにあめ色に変化していきます。とくに、「バードアイ」と呼ばれる渦巻き状の斑点のあるものは、希少価値が高いといわれています。フローリングやドア、階段、モールディング、キッチンキャビネットなど、さまざまな用途に使用されています。

レッドシダー

やわらかい木材で、釘打ちをしても割れづらく、加工がしやすいといわれています。木目は均一でまっすぐ、暖色系の木肌で、塗装などをせずに、木の色自体を愉しむことが多いようです。殺菌力のある抽出成分の働きで、防虫・防腐性が高いので、外部のフェンスなどに使用されることもあります。

パイン材

白っぽい黄色の木材で、全体的に油分が多く、経年変化で艶のある風合いになっていきます。節が多く、素朴で温かさを感じさせるので、カントリー調の家具の素材としても使用されることが多いようです。価格も手頃ですが、柔らかいため、傷がつきやすく、取り扱いには注意が必要です。

ツガ材

北米西部で採取される針葉樹で、階段やドア、モールディングなどに使用されることが多いのですが、根太材や柱などの構造材に使用されることもあります。

ダグラスファー

北米からの輸入材の中でも輸入量の多い木材。針葉樹の中でも硬い部類に入り、構造材に使用されています。脂が出るため、建材として使う場合には、脂抜きをする必要があります。

内装材としては、ドアやモールディング、窓枠に使用されることが多く、フローリングや階段に使われることもあります。

用途と木材の種類

住宅に使用される木材は、構造材内装材に分かれます。

構造材はその名の通り、住宅の構造に関わる部分です。構造材に使用される木材は、針葉樹系で、耐震性、耐風性、耐久性が高いものが適しています。ただし、大量に使われるため、経済性も考慮する必要があります。

構造材に適している木材には、ヒノキ、ヒバ、米ツガ、マツ、米マツ、エゾマツなどがあります。

一方の内装材は、直接、人の目や肌に触れる部分なので、木目が美しく、傷にも強い広葉樹系の材木がおすすめです。

内装材に使用される木材としては、スギ、ヒノキ、米マツ、米ツガ、米スギ、スプルースなどが多いようです。

フロンヴィルホームズ名古屋の輸入住宅の施工事例
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋公式HP
https://fhn.co.jp/case/天白区 s邸/
愛知で建てる憧れの家
輸入住宅の施工事例集

こだわりの詰まった自分のイメージ通りの輸入住宅を建てるためには、自分好みの家づくりをしている住宅メーカー選びが大切。施工事例を見て入念にチェックしてください。

憧れの輸入住宅が
見つかる!
愛知の施工事例
セレクション