輸入住宅の相場

輸入住宅の価格相場や費用の基礎知識について紹介しています。

輸入住宅の価格相場

輸入住宅を建てるにあたって、気になるのが費用です。費用は、施工会社やどのような住宅を建てるかによって大きく変わり、安いところであれば坪単価30万円くらいから建てられることもありますし、外観や仕様、建材にこだわれば、坪単価100万円以上になるという場合もあります。一般的には、建坪40坪の輸入住宅の価格は、2,000~4,000万円くらいが相場といわれています。

坪単価100万円以上と言うと、「輸入住宅はものすごく高い」と思われそうですが、日本の大手メーカーで家を建てた場合でも、坪単価は70~80万円くらいにはなるといわれています。両者を比較すると、輸入住宅だからといって、格段に高いというわけではないということがわかるかと思います。

通常の注文住宅よりも高くなる理由

輸入住宅は、建売ではなく、注文建築が主流です。そのため、細部にまでこだわった家を造ることができます。外壁の素材、床材、塗り壁、吹き抜けのリビング、オーダーキッチン、映画に出てくるようなサーキュラー階段、アールの開口部、ロフト、多角形のパノラマ塔など、輸入住宅ならではの建材や仕様にすることが可能です。

しかし、せっかくの注文建築、憧れの輸入住宅だからと、あれもこれもと、希望をすべて詰め込んでいくと、当然、費用も高くなっていきます。

また、輸入住宅に限ったことではありませんが、注文建築の場合、建てる土地によっては、地盤改良が必要になるケースがあります。例えば、建坪40坪の土地の場合、表層改良で60~100万円、柱状改良で140~200万円、鋼管杭工事で200万円以上かかるといわれています。

輸入住宅の価格に関係するもの

輸入住宅とは、「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」(引用元:一般社団法人輸入住宅産業協会公式サイト「輸入住宅の魅力」)のことです。

輸入住宅では、家を建てるための建材を海外から輸入するため、円高・円安などの円相場の影響を受けるといわれています。つまり、円高になると建材の価格は安く、円安になると建材の価格が高くなります。

しかしこれは輸入住宅に限ったことではなく、海外の建材や木材を使用している日本の住宅にもいえることです。

また、日本の住宅と輸入住宅では、建築工法が異なるため、専門の職人さんが必要になったり、より多くの職人さんが必要になって、人件費が高くなるのではないかと考えている人もいるかもしれません。

もちろん、外観の造りや仕様、構造などによっては、工程が増え、工期が長くなることもありますが、これも、輸入住宅に限ったことではなく、日本の一般的な住宅にも当てはまることです。現在では、輸入住宅の建築に精通した職人も増え、建築の方法なども発達しているので、輸入住宅だから人件費が余計にかかるということはありません。

フロンヴィルホームズ名古屋の輸入住宅の施工事例
引用元:フロンヴィルホームズ名古屋公式HP
https://fhn.co.jp/case/天白区 s邸/
愛知で建てる憧れの家
輸入住宅の施工事例集

こだわりの詰まった自分のイメージ通りの輸入住宅を建てるためには、自分好みの家づくりをしている住宅メーカー選びが大切。施工事例を見て入念にチェックしてください。

憧れの輸入住宅が
見つかる!
愛知の施工事例
セレクション